【2021年最新】おしゃれでSEO対策されたおすすめのWordPressブログデザインテーマ9選

BLOG

WordPressでブログを始めた時ってどんなデザインテーマにしようか悩みますよね。

ブログのデザインってサイトのイメージになるし、何よりも自分自身がブログへの愛着がわき、執筆への向上心につながります。

しょし
しょし
  • お洒落なデザインのサイトにしたい
  • 自分らしい雰囲気のサイトにしたい
  • SEO対策されたサイトにしたい
  • 有料テーマか無料テーマかどうしよう

今回は、おすすめのWordPressブログデザインテーマをご紹介します。

スポンサーリンク

SEO対策されたWordPressブログデザインテーマとは

SEO対策されたWordPressブログデザインテーマとは

ブログの集客にはSEO対策は必須です。

ではSEO対策されたサイトというものは具体的にどのようなサイトなのでしょうか。

SEO対策に必要なポイント

SEO対策されているサイトの特徴
  • デザインがお洒落で見やすい
  • ページの読み込み速度が速い
  • パンくずリストが設置されている
  • スマートフォン表示が最適化されている
  • SNSシェアボタンが設置されている
  • コーディングが適切に書かれている
  • 関連記事の表示がデフォルトで設定されている
  • SEOの内部リンクが最適化されている

上記の項目が標準装備されているWordPressテーマを選ぶべきです。

SEO対策されていないWordPressテーマでは自分でプラグインをインストールしたり、HTMLやPHPを書きたさなければなりません。

スポンサーリンク

有料テーマと無料テーマの比較

有料テーマと無料テーマの比較
有料テーマ特徴

【メリット】

  • SEO対策がしっかり行われている
  • カスタマイズ性が高い
  • クオリティが高い
  • デザインも優れている
  • サポートが充実している
  • 設定の時間短縮となる
  • 知識が無くてもお洒落でSEO対策されたサイトになる

【デメリット】

  • 費用がかかる
無料テーマ特徴

【メリット】

  • 費用がかからない
  • 種類が豊富

【デメリット】

  • 機能で有料テーマに劣る
  • カスタマイズできる範囲に限界がある
スポンサーリンク

SEO対策されている有料テーマ

有料テーマは、SEO対策はもちろん、デザイン性が優れておりカスタマイズ性もあります。

SEO対策やデザイン面であらかじめ作り込まれている為、自分で設定する手間が無く短時間で集客アップが望めます。

つまり有料の方が簡単にお洒落に設定が出来る点では有利です。

あとからデザインテーマを変更することは可能ですが、細かい設定のやり直しなど余分な手間がかかるので、

あらかじめ自分の好みのデザインテーマが決まっているのであれば、最初から有料を使用するのがいいかと思います。

THE THOR(ザ・トール)

THE THOR(ザ・トール)
THE THOR (ザ・トール)の特徴
  • FITさんが提供
  • 販売価格:¥14,800
  • PWAに標準で対応
  • 国内最高水準のサイト読み込み・表示速度
  • 記事ごとの「総合閲覧数・平均閲覧数・タイトル文字数・本文文字数・タイトル内キーワード数
  • 本文内キーワード数・内部リンク数・外部発リンク数」など、SEO対策に必要な情報が一望でき画期的な分析ツールが利用可能
  • 「AMP」に対応
  • アフィリエイト広告などのタグを一元管理できる「タグ管理機能」を搭載
  • デザイン着せ替え機能で簡単にスタイルを変更可能

→ デモサイトを見てみる

SWALLOW (スワロー)

SWALLOW (スワロー)
SWALLOW (スワロー)の特徴
  • OPENCAGEさんが提供
  • 販売価格:¥9,900
  • 無駄な機能を削ぎ落としたシンプルなデザイン
  • ショートコードで簡単にページ装飾ができる
  • ONEカラムのランディングページが作成できる
  • ウィジェットでCTA(コール・トゥ・アクション)の設置が簡単
  • トップページのカスタマイズ機能で様々なレイアウトが可能

→ デモサイトを見てみる

LIQUID PRESS (リキッドプレス)

LIQUID PRESS (リキッドプレス)の特徴
  • リキッドデザイン株式会社が提供
  • 販売価格:¥3,600〜
  • レスポンシブでPC表示もOK
  • Bootstrap 4対応
  • WordPress公式テーマ

→ デモサイトを見てみる

STREETIST (ストリーティスト)

STREETIST (ストリーティスト)の特徴
  • 株式会社RETVALが提供
  • 販売価格:¥14,300
  • スタイリッシュなデザイン
  • 多彩な記事の装飾機能
  • サイトの高速化
  • SEOを考慮したテーマ設計、設定項目
  • ランキング機能搭載
  • アドセンス広告を自動で表示させるウィジェットやショートコードを搭載
  • 記事下部にCTAを表示する機能を実装
  • WordPressの新エディタ「Gutenberg」に対応したプラグインも配布
  • トップページにスライドショーを表示可能
  • 自動アップデートに対応

→ デモサイトを見てみる

SANGO (サンゴ)

SANGO (サンゴ)
SANGO (サンゴ)の特徴
  • サルワカさんが提供
  • 販売価格:¥10,800
  • 内部SEO対策施策済み
  • 30種類以上の見出し
  • 30種類以上のボタン
  • 30種類以上のボックスデザイン
  • 20種類以上の箇条書き
  • 「この記事を書いた人」簡単挿入
  • 人気記事ウィジェットをプラグインなしで実装
  • レビュー用ボックスを挿入可能

→ デモサイトを見てみる

JIN (ジン)

JIN (ジン)
JIN (ジン)の特徴
  • ひつじさんが提供
  • 販売価格:¥14,800
  • デザインをボタン1つで切り替えできる
  • おすすめのデザインに着せ替えできる
  • 記事の執筆に役立つエディターが揃っている
  • 収益化を加速する機能を多数搭載している
  • SEO対策のノウハウが細部に散りばめられている

→ デモサイトを見てみる

DIVER (ダイバー)

DIVER (ダイバー)
DIVER (ダイバー)の特徴
  • DIVER (ダイバー)さんが提供
  • 販売価格:¥17,980
  • 入力補助機能が豊富
  • 記事執筆に集中できる
  • カスタマイズ性能が優れている
  • デザイン美で心地よい使い勝手
  • 定期的なアップデートでSEOに強い
  • 無期限・無制限のサーポートで安心
  • 複数サイトで利用可能で更なる成長

→ デモサイトを見てみる

スポンサーリンク

SEO対策されている無料テーマ

Cocoon (コクーン)

Cocoon (コクーン)
Cocoon (コクーン)の特徴
  • わいひらさんが提供
  • 販売価格:無料
  • シンプルでどんなサイトにも合う
  • 表示速度が速い
  • 機能が豊富
  • 広告設置が簡単
  • スキンという着せ替えに似た機能
  • 完全レスポンシブ
  • AMP対応

→ デモサイトを見てみる

STINGER (スティンガー)

STINGER (スティンガー)
mSTINGER (スティンガー)の特徴
  • ONSPEED.incさんが提供
  • 販売価格:無料
  • SEOに強く、アクセスが増える独自の技が標準搭載されてる
  • あらゆるモバイルに最適化
  • プラグインが不要なほど、デフォルトで様々な必要機能を標準装備
  • 利用者が多く、ネットですぐに使い方がわかる

→ デモサイトを見てみる

スポンサーリンク

WordPressブログデザインテーマの設定手順

WordPressテーマの設定手順

WordPressブログのデザインテーマの変更方法は以下の記事で解説しています。

もしよかったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回はWordPressブログのデザインテーマを紹介しました。

デザインが変わるとやる気が出てきますよね。

「おぉー、これからこのサイトを育てるぞー」みたいな感じでワクワクします。

皆さんも是非試してみてくださいね。

人気記事 【稼げる案件あり】おすすめのASPを紹介

人気記事 初心者でも簡単にWordPress(ワードプレス)でホームページを作る方法

この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
BLOG
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました