TOTO 携帯用おしり洗浄器 携帯ウォシュレット YEW350 評価とレビュー

TOTO携帯ウォシュレットYEW350GADGET

どうも、海外出張が多いしょし(@blogoshiete)です。

しょし
しょし

早速ですが、皆さんに質問です。

日本にはあって海外には無い物はなぁ〜んだ。

・・・・・・・・。

ん”ーーーーー。

・・・・・・・・。

ファイナルアンサー?

そう、ウォシュレットですね!

りょし
りょし

そういうのいいから、早く説明してよ。

しょし
しょし

あ、はい。すみません。。。

海外に行かれる方だけでなく、

携帯ウォシュレットを是非ご利用して頂きたい方々
  • 海外に行かれる方はもちろん
  • 公共トイレのウォシュレットを使用したく無い方
  • ウォシュレットが付いていない賃貸にお住いの方
  • 赤ちゃんのオムツ交換される方
  • 介護でポータブルトイレを使用される方

などの方々にもオススメです。

今回は、あらゆる場面で重宝する携帯ウォシュレットをご紹介します。

スポンサーリンク

TOTO いつでもどこでも 携帯ウォシュレット YEW350

私は、お尻が弱いのと精神的な面から、海外に行く際「携帯ウォシュレット」は必需品です。

りょし
りょし

どんな精神だよ。

しょし
しょし

・・・・・。

最初は、トイレにも流せるお尻拭きシートを購入して使用していたのですが、

1年以上海外に滞在する場合は、無くなってしまいます。

そのため、携帯ウォシュレットを購入しました。

購入する時、このような画像を見て最初に思ったのが、

しょし
しょし

これがウォシュレットになるの?

どうやって使うんだろ。

と思いながらも、とりあえず購入してみました。

画像出典:TOTO

TOTO携帯ウォシュレットの購入レビュー

以下の商品を購入しましたよ。


今回購入した商品
  • メーカー:TOTO
  • 商品名:携帯用おしり洗浄器 携帯ウォシュレット
  • 型式:YEW350
  • カラー:ホワイト

以下のもの同封されています。

TOTO携帯ウォシュレットの中身
  • ウォシュレット本機
  • ストラップ
  • 耐水性のある携帯ポーチ

ウォシュレット本機を開くとこんな感じです。

購入してみて実際に使用時の形にして「こういう風に使うんだな」ってやっとわかりました。(汗)

左側が水を入れるタンクになります。

真ん中にボタンがありまして、ボタンを押している間、

右側のノズルから水を噴射させることができます。

タンクはスライド式になっていて、ノズルは折り畳み式になっています。

画像出典:TOTO

タンクの蓋になります。

ここから水を入れます。

もちろん、ぬるま湯を入れれば温水ウォシュレットになりますよ。

水をタンク満タンに入れた場合で、23秒噴射させることができます

個人的な感覚では、1回使用して少し余るくらいです。2回は水が不足するくらいです。

(使用量は人ぞれぞれ違うと思いますが・・・。あくまで個人的な感覚です。)

タンクの蓋を閉めるとこんな感じです。

こちらは、電池を入れる場所です。

この携帯ウォシュレットは、単三電池一本により稼働します。

感電しないよう電池が入る部分はしっかりと防水仕様になっています。

ノズル先端になります。

水の強さは、ノズルボティ部分をスライドさせることで2段階調整することができます。

(ノズルボディをスライドさせることで水が出る孔数を変えることができます。)

画像出典:TOTO

これが水を噴射するためのボタンになります。

ボタンを押している間、水を噴射することができます。

裏面には、簡単な説明が記載されています。

使用してみての感想なのですが、

付属のストラップと携帯ポーチは地味に重宝します。

ウォシュレットを使用している最中、便器の中に落としそうで怖いのですが、

ストラップに腕を通して使用することで、余計な心配なく集中することができます。

また携帯ウォシュレットって、もちろん持ち運んで使用することがほとんどだと思いますが、

耐水性の携帯ポーチがあることで、衛生面を気にならずバックに入れることができます。

携帯ウォシュレットでよく競合されるのが、「Panasonicのおしり洗浄機」なのですが、

こちらは、ストラップと携帯ポーチは付属されません。

この差は、一見小さいことのようですが、とても大きいですよ!

また、一つ懸案として、タンクの中にカビがはえないよう、乾燥させることが手間ではあります。

これは、水を扱う以上、どの機器にも共通して言えることですが・・・。

製品の基本スペック
  • サイズ:幅67 x 奥行き46 x 高さ130(使用時298)mm
  • 重量:250g(乾電池1個を含む)
  • 電源:単3形アルカリ乾電池1個付属(アルカリ乾電池専用)
  • 吐水量:標準:約7mL/秒、ソフト:約8mL/秒(アルカリ乾電池新品時)
  • 連続吐水:標準:約23秒、ソフト:約20秒
  • 電池寿命:外気温20℃で使用した場合約50回(アルカリ乾電池使用、吐水量約5mL/秒まで)

※吐水量と電池寿命は目安です。乾電池の保管や使用の環境条件等によって変化します。

レビューまとめ

イイね!ポイント
  • ぬるま湯で使用すれば、温水ウォシュレットになります。
  • 電池が入る部分は完全防水仕様のため、感電の心配はいりません。
  • 水の強さは2段階で調整可能です。
  • ストラップが付属しているため、便器の中への落下の心配はいりません。
  • 耐水性の携帯ポーチが付属しているため、衛生面が気にならずバックに入れて持ち運ぶことができます。
ワルイね!ポイント
  • タンクの中にカビがはえないよう、乾燥させるのが手間


スポンサーリンク

まとめ

今回は、生活には欠かせない携帯ウォシュレットを紹介しました。

中には、ウォシュレットを使うなんて甘えていると思われる方もいらっしゃるかもしれません。

はい。そうです。私は、甘えまくりです。

肌が荒れたり、不快な思いをしたりする前に、是非使用してみてください。

どうも、しょし(@blogoshiete)でした。

この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
GADGET
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました