ワードプレスブログSEO対策として検索順位に関係するもの【※有益記事】

BLOG

どうも、しょし(@blogoshiete)です。

皆さんはSEO対策しっかり出来ていますか?

この記事では、以下のような疑問を抱いている方に読んでいただきたい内容となっています。

初心者ブロガーりょし
初心者ブロガーりょし
  • SEO対策って具体的に何すればいいの?
  • どういった設定が必要なの?
  • キーワード選定って何をすればいいの?
  • ツールは登録したけど、どう使えばいいの?

私も以前は、「SEO対策は必ずすべき」と言われても、具体的に何をすればいいのかわかりませんでした。

この記事では、基本的なことが網羅されています。

それでは、早速SEO対策について解説していきます。

スポンサーリンク

ワードプレスブログSEO対策として検索順位に関係するもの

SEO

まず、Googleで検索順位が決まる仕組みに関係してくるのが、以下の3つになります。

  • リンク (内部リンク・外部リンク・被リンク)
  • コンテンツ (記事)
  • サイト設計 (ブログ・特化サイト)

リンクとして内部リンク・外部リンク・被リンクがあります。

内部リンク

内部リンクとは、自分のサイト内で別の記事(自分のサイトの記事)のリンクを貼り付け、行き交うようにするリンクです。

「内部リンクをたくさん設けた方がSEO的に良い」とよく言われていますが、実際内部リンクの設置数と検索順位は関係ありません。

設置するタイミングというのは、「読者が知りたい情報」と思う時に設置することです。

あくまで読者目線に立ち、読者にとって便利で有益な情報を提供できるコンテンツにすることが重要になります。

テクニック的なことで一つ言えることは、リンクの文字は必ず青色にしましょう。

読者に「リンク」と認識してもらうことが大事です。

外部リンク

外部リンクとは、自分のサイトから外部のサイトへ促すリンクのことです。

以前は、外部リンクが多いほどGoogleから怪しまれSEO的によくないとされていましたが、昨今は関係ないと言われています。

なので、こちらも内部リンクと同様本数でのSEOは関係ありません。

ただ、読者にとって必要のないリンクは極力無くしたほうがいいです。

と言うのは、読者を外部サイトに促し、そのまま戻ってこないリスクがあるためです。

つまり、外部リンクが活きるのは、「読者にとって必要なリンクを設置する」そのままですね。

被リンク

被リンクとは、外部のサイトに設置された自分のサイトのリンクのことです。

SEO対策としては、最も効果的の施策です。

そして、最も難しい施策です。

被リンクを作ってもらう為には、「信頼」が必須となります。

いかに自分のサイトをブランディングしていくかが肝となります。

被リンクを設置してもらう為テクニックを一つ言う、トレンドとなる記事をいち早くコンテンツにします。

この時、情報の内容としては、自分のデータを掲載することが重要となります。

スポンサーリンク

過去にバズったSEO手法

history
  • 2012〜2016 被リンク黄金時代
  • 2016〜2017 量産&長文SEO
  • 2017〜2019 EAT時代

被リンク黄金時代

被リンクとは、先ほど説明したように外部サイトに自分のリンクを貼ってもらって

アクセスを流入するリンクです。

以前は、お金を払って外部サイトにリンクに貼ってもらう時代でした。

現在は、Googleが取り締まっている為、あまり効果が見込めません。

量産&長文SEO

量産&長文のSEOは今でも強いです。

しかし、今は企業がコストを払って運営しているため、このSEO対策ではかないません。

E-A-T時代

E-A-Tとは、以下の内容を意味しています。

  • Expertise・・・専門性
  • Authoritativeness・・・権威性
  • Trustworthiness・・・信頼性

つまり、噛み砕くと

  • 専門性・・・記事やサイトが何か専門性に特化しているか
  • 権威性・・・この人の言うことは正しい、間違いない、だから従います。と思えるか
  • 信頼性・・・文字通り、サイトや記事や著者を信頼出来るか

このような内容をGoogleは重要視しています。

スポンサーリンク

SEOの基礎と本質

foundation
  • 検索されるワードで、適切な情報を発信する
  • 適切な情報を適切な構成で執筆する
  • 次に知りたい情報も発信する

検索されるワードで、適切な情報を発信する

キーワードありきでコンテンツを書くことが重要となります。

その為、ブログ執筆作業でまず最初にやることはキーワード選定です。

私も以前は、コンテンツありきの記事を書いていました。

コンテンツありきとは、書きたい内容がある程度決まっていて、記事を書いていくことです。

そして、キーワードは記事の内容に見合ったキーワードを記載するという流れです。

これをやってしまうと、SEO的に記事が検索上位になることが難しいです。

たまたまよく検索されて且つ競合が少ないキーワードとなれば良いですが、

運にまかせるのではなく、数字(統計データ)とロジックで狙いにいくことが近道となります。

このノウハウをつかめれば、次の記事を書く際にも活かすことが出来ます。

適切な情報を適切な構成で執筆する

先ほどの話の続きで、コンテンツありきで記事を書いていくと、

自分の言いたいことばかりを書いてしまいます。

記事で最も重要なことは、読者の目線に立ち、読者が知りたい情報を書くことです。

その為、記事を執筆する際は、まずキーワード選定をし、

頭を真っ白にして、読者が何を知りたいのかを考えることが大切です。

そして、読者が知りたい問題解決出来る内容を執筆する時、

一番最初に結論・結果から書くようにしましょう。

自分自身が読者の立場に立てば、いきさつはどうでもよくて、まず結論を知りたいですよね。

そして、どのような理由でその結論に至ったのかを記載していくようにするのです。

次に知りたい情報も記載する

そして、さらに価値のある記事にする為に読者が考えることを想像すると、

次に知りたい情報を記載することがポイントです。

まず読者の問題を「結論から答え」、

次にそれを言える「根拠」を言い、

そして、次に知りたい情報はなんですか?

そう。具体例ですね。

「例えば、〜・・・」のような、読者の行動に促す内容を記述することです。

読者が一歩踏み出せるような簡単なレベルの課題を与えてあげることがポイントです。

スポンサーリンク

内部対策

internal measure

内部対策としては、最近のワードプレステーマ使用している方は、特に問題ありません。

最近のワードプレステーマは、既に内部対策という観点でのSEO対策は十分に実施されているものが多いです。

その為、特に気にすることはありません。

一つ言えることは、アクセスした時にページの読み込みが遅い場合は、対策した方がいいです。

この場合、大半は画像の容量が重くてアクセスが遅くなっているケースが多いです。

アクセスが遅いと、読者の離脱に繋がりますので、必ず対策した方がいいです。

スポンサーリンク

外部対策

external measure

外部対策としては、今の時代ではSNSを活用することが重要となります。

メルマガ、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSを活用することで、

固定読者を確保することが出来ます。

よく釣りに例えられるのですが、

広大な海原で釣りをするより、釣り堀などで釣りをした方が、ヒットする確率は高いです。

固定読者の方は自分のコンテンツに興味を持ってくれている為、ヒットする確率は高いです。

スポンサーリンク

サイト設計のコツ

design
  • 初心者はニッチ市場を狙う
  • 1カテゴリに対して、階層化して記事にする

初心者なら、まずはニッチ市場を狙うことがポイントです。

ニッチ市場とは、規模の小さい市場=競合が低いキーワードです。

競合が高いいわゆるビックワードで検索順位を勝ち取れれば、もちろんPV数が上がり収益も比例しますが、

ハードルがとても高いです。

ニッチ市場で検索順位を上げ、それを積み重ねることで、いずれビックワードでも勝ち取ることが可能となります。

検索順位をあげるためのサイト設計としては、

1カテゴリに対して、階層化して記事にすることがポイントです。

検索上位を狙いたいキーワードの記事(親記事)にアクセスを促すような子記事をたくさん執筆することです。

なんと言っても記事数が大切です。

また、ツールを使いつつ、オリジナル要素も含めることがポイントとなります。

ここでいうツールとは、「related keywords」という無料で使用出来るツールです。

related keywordsの検索で表示されたキーワードは一般的によく検索される記事なので、

このキーワードを狙っていきます。

使用方法の詳細は、次の見出しに記載します。

スポンサーリンク

キーワード選定の方法

keywords
  1. related keywords でキーワード候補を洗い出す
  2. キーワードプランナーで洗い出したキーワードの検索ボリュームと競合を確認する
  3. キーワードプランナーのフィルターで条件設定し、さらに絞り出す
  4. 狙うキーワードを決定する

1.related keywords でキーワード候補を洗い出す

ここでは、先ほどご紹介したrelated keywordsを使用します。

こちらのツールは無料です。

まずは、「検索キーワード」を入力し、「検索開始」をクリックします。

表示された「Googleサジェスト」という項目が今回使用するキーワードとなります。

ここに記載されているキーワードが一般的に検索上位に上がるキーワードとなります。

ちなみにGoogleサジェストが何かと言いますと、

Googleの検索エンジンにキーワードを入力した際に表示される検索候補のことです。

2.キーワードプランナーで洗い出したキーワードの検索ボリュームと競合を確認

また、さらに詳しく狙っていく手法としては、

「全キーワードリスト」の項目を全てコピーします。

(Windowsの場合:Cntrl+A 、Macの場合: command + A で全て選択出来ます。そしてコピーしましょう。)

Excelにペーストして、20個だけコピーします。

(キーワードプランナーで検索できる単語数が20個までだからです。)

次に、キーワードプランナーを開きます。

入力欄に先程の20個を貼り付けをします。

キーワードプランナーのフィルターで条件設定し、さらに絞り出す

以下のようなフィルターを設定します。

キーワードプランナーのフィルター設定内容
  • 月間平均検索ボリューム・・・1,000以下
  • 競合性・・・低

これで絞り出されたキーワードで自分が書きやすいキーワードを選びます。

ここでは、「ロングテールキーワード」を選びましょう。

ロングテールキーワードとは、特定の一単語のキーワードではなく、

複数単語の掛け合わせのニッチなキーワードです。

ロングテールキーワードの検索上位を獲得することは、収益の安定化につながります。

ロングテールキーワードの記事から収益化のメイン記事への内部リンクを設置して、

読者を流しビックワードの上位獲得につながるのです。

以上より、検索上位に上がりやすいキーワードを選ぶことが出来ました。

スポンサーリンク

タイトルの付け方

title

タイトルの付け方は、皆さん結構悩まれると思います。

基本的には、最初の見出しH2をタイトルにするだけです。

必要に応じてタイトルの最後に【 】で補足を入れましょう。

先ほどご説明させて頂いたように、読者は結論から知りたいです。

そのため、一番最初にくる見出しが読者が知りたいサマリーとなります。

そして、必然的にタイトルは一番最初にくる見出しとなります。

スポンサーリンク

メタディスクリプション

metadiscription

メタディスクリプションの重要性は以前より下がっています。

ただ、もちろん入力しないよりは、したほうがいいです。

書き方としては、以下の順序に書いていきます。

  1. 問いかけの内容
  2. 記事の内容
  3. 読者にアクションを促す内容

では、具体的にどのように書いたらいいのか、この記事のメタディスクリプションを例に解説していきます。

まず、【1 問いかけの内容】としては、以下の内容になります。

読者が抱えている悩みや問題を提示し興味を持ってもらえるような文面を執筆することがポイントです。

皆さんはワードプレスのSEO対策はしっかり出来ていますか?

SEO対策と言っても具体的に何をしたらいいのか私も最初はわかりませんでした。

続いて【2 記事の内容】です。

ここでは、記事でどのようなことが書かれているのか。

この記事を読むことで、読者がどのようになるのかを記載します。

この記事ではSEO対策として検索順位に関係する、キーワード選定の方法、

タイトルの付け方など具体的なテクニックが掲載されています。

そして最後に【3 読者にアクションを促す内容】です。

ここでは、文字通り読者にこの記事にアクセスしてもらえるような文を書きます。

是非当記事を読んで、検索上位取得を実現してください。

以上となります。

最初は何を書いたらいいのかわからず戸惑うと思いますが、

上記項目の順番で書いてみてください。

スポンサーリンク

メタキーワード

基本的に書かなくて問題ありません。

もし書く場合は、区切りは「、」ではなく「,」なので間違えないようにしましょう。

スポンサーリンク

リライトの方法

リライトの目的は、順位の向上です。

順位は定期的に確認する必要があります。

SEOは3ヶ月〜半年かけて順位が変わります。

そのため、リライトは3ヶ月〜半年おきに実施するようにしましょう。

順位の確認方法としては、RankTrackerを使用します。

RankTrackerは無料で使用することが出来ます。

リライトをする時によくやりがちなのが、雰囲気リライトです。

「こんな感じかな」とか「なんとなくこの表現がしっくりくるから変えてみよう」とか・・・。

雰囲気リライトは意味がないのでやめましょう。

リライトとしてやることは、競合分析することです。

狙ったキーワードの他の上位サイトは、

  • どのようなことが記載されているのか
  • どういったサイト設計になっているか
  • どういった収益記事を掲載しているのか

ということを分析しましょう。

自分のサイトが上位に上がらない原因として、

基本的に関連記事不足が原因となっていることが多いです。

狙ったキーワードで上位を狙うなら、70本〜100本くらいの記事が必要となります。

スポンサーリンク

記事内の画像選び

画像選びは、見やすければOKです。

基本的には、H2タグの下に1枚入れます。

オススメの画像ダウンロードサイトは、以下のサイトになります。

全て無料でダウンロード出来ます。

スポンサーリンク

画像の説明

画像の説明としては、Altタグで書くことが出来ます。

これを入力することで、画像検索された際にヒットしたり、

記事を音声で読まれる方に画像の説明を読み上げることが出来ます。

基本的にはわかりやすければなんでもいいです。

自分で撮影した画像には画像にはいれるべきです。

内容はH2タグのコピペで問題ありません

スポンサーリンク

NOFOLLOWとno indexの使い方

基本的には使わなくてOKです。

ワードプレスであれば、タグとカテゴリで分類しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

PV数をあげるためにはSEOが全てです。

この記事を読んだだけでは何も変わりません。

インプットよりもアウトプットです。

行動量が大切です。

是非みなさんのサイトで実践してみてください。

どうも、しょし(@blogoshiete)でした。

この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
BLOG
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました