ブログ冒頭でのSEOに有効的な記事の書き始め方を解説

BLOG

ブログで記事を執筆する時に冒頭文って何を書いたらいいのかわからなくなりますよね。

いざ書いてみようと思うと手が止まってしまいます。

やっと書けたと思ったら、まとまりのないただの挨拶文になってしまったりします。

でも、冒頭文の役割って結構重要なのですよ。

冒頭文の役割を理解し、冒頭文を有効的に利用するといいです。

この記事では、ブログ記事の有効的な冒頭文の書き方を解説します。

スポンサーリンク

ブログ冒頭でのSEOに有効的な記事の書き始め方を解説

ブログ冒頭でのSEOに有効的な記事の書き始め方を解説

ブログ記事での冒頭文の重要性

ブログ記事の冒頭は、読者が読む読まないを判断する材料となるとても重要な役割を持っています。

一見、挨拶のさわりのような軽い役割と思ってしまいがちですが、挨拶程度で終わらせてしまってはもったいないです。

最大限に有効活用をした方がいいです。

みなさんは書籍や記事で読むか読まないかって何で判断しますか?

多くの人はタイトル文で手に取り、冒頭文(書籍なら「はじめに」)で興味がある内容かどうかや読むか読まないかの判断をすると思います。

ブログでも同じように、タイトルでアクセスしてもらった読者に「この記事は興味ありそうだな」と思ってもらう役割が冒頭文となります。

「導入文」と言ったりします。

冒頭文で書く内容

では、記事の冒頭(導入文)でどのような内容を書いたらいいのか。

それは以下の3つになります。

冒頭文で書く内容
  • 問題提起:読者の抱えている問題や悩みを書く
  • 結果の明示:この記事を読むことによって読者がどうなるのかを書く
  • 結果の根拠:この記事の信ぴょう性を書く

問題提起:読者が抱えている問題や悩みを書く

まず一つ目として、読者が抱えている悩みや問題を書くことです。

読者に「そうそう」と思ってもらえるような読者の心に寄り添えるような内容を書くことが大切です。

読者が記事を訪問している理由は、問題や悩みを解決してくれる情報を知りたいから閲覧しています。

そのため読者の悩みや問題を書くことで共感を持ってもらうことが出来、興味を持ってもらうことが出来ます。

例えばこの記事で言えば、「冒頭文の書き方がわかない」という読者の共感を得るような文を書くことです。

過去に自分が経験した内容の記事であれば、当時自分が感じた気持ちなどを書くことで共感を得ることが出来ます。

自分の体験を取り入れることで、他サイトとの差別化を図ることが出来ます。

結果の明示:この記事を読むことによって読者がどうなるのかを書く

そして問題や悩みを抱えた読者が、この記事を読むことによってどうなるのかを書きます。

読者の心情としては、「この記事を読めば問題が解決できるんだな。よし、読んでみよう」となります。

例えばこの記事で言えば、「この記事を読むことで有効的な冒頭文の書き方をマスターすることが出来ます」などです。

結果の根拠:この記事の信ぴょう性を書く

そして、この記事の信ぴょう性を書くことも大切です。

ブログの記事で内容はもちろん大切なのですが、「誰が言った」がとても重要となります。

例えばプログラミングに関する記事を書いたとして、みなさんは以下のAとBのどちらに信頼を抱き読んでみようと思いますか?

A:「おすすめのプログラミング言語はこれ」

B:「現役プログラマーが紹介するおすすめプログラミング言語」

多くの人はBと答えると思います。

最初のうちは実績が無く、信ぴょう性を見出すのが難しいかと思いますが、

自分自身を過小評価せず自信を持って読者にオススメしたいことを伝え背中をそっと押してあげましょう。

スポンサーリンク

具体的な冒頭文の書き方 (テクニックを紹介)

具体的な冒頭文の書き方 (テクニックを紹介)

記事の書くべき内容はわかったものの、いざ書き始めてみると手が止まってしまう方もいらっしゃるかと思います。

では、具体的に冒頭文をどのように書いていけばいいか。

それは、競合上位サイトを分析することです。

競合上位サイトでどのような内容を書いているのか勉強するといいです。

冒頭文の書き方
  • 手順 1
    Google chromeを開く
    Google chromeを開く

    ※画像をクリックして拡大してください

    Google chromeを開きます。

    まだGoogleChromeをインストールされていない方はインストールすることをおすすめします。

    → GoogleChromeをインストールする

  • 手順 2
    シークレットモードを開く

    右上の「…」から『新しいシークレットウィンドウ』をクリックします。

    シークレットモードを開く

    ※画像をクリックして拡大してください

  • 手順 3
    狙ったキーワードを検索する

    狙っているキーワードを入力し、検索をかけます。

  • 手順 4
    上位10サイトを表示する

    上位10サイトを右クリックで『新しいタブで開く』により表示します。

  • 手順 5
    冒頭文のみ読む

    上位10サイトを片っ端から冒頭文のみ読んでいきます。

  • 手順 6
    別シートに箇条書きで書き出していく

    問題提起、結果の明示、結果の根拠と観点から書き出していきます。

  • 手順 7
    実際に冒頭文を書いていく

    ※競合サイトのコピペはNGです。

    同じ文はSEO的にも不利となります。

    あくまで内容を参考にさせて頂くのみです。

その他競合サイトの分析でやるべき内容は以下の記事に書いているので、よかったら試してみてください。

スポンサーリンク

冒頭文をメタディスクリプションに利用する

冒頭文をメタディスクリプションに利用する

冒頭文を利用したテクニックをもう一つご紹介します。

冒頭文の内容をメタディスクリプションに活かします。

メタディスクリプションとは、サイトや記事の説明文です。

WordPressで執筆する際、下の「All in One SEO Pack」の欄に書きます。

冒頭文をメタディスクリプションに利用する

※画像をクリックして拡大してください

※もしまだ「All in One SEO Pack」のプラグインを導入されていない方は、SEO対策として必須なので以下の記事を参考にして導入してみてください。

メタディスクリプションの役割も冒頭文と同じで読者に興味を持ってもらうためのものです。

そのため、内容は冒頭文と同じで問題ないかと思います。

ただ1つ注意点としては、狙ったキーワードが含まれていることです。

メタディスクリプションの内容は、読者の興味を持ってもらう役割に併せて、検索ワードの対象になります。

その為、読者が検索した際にヒットするワードを取り入れるといいです。

具体例として、

  1. 最初にタイトル文を書く
  2. 以降に冒頭文の内容を書いていく

という感じです。

こちらもぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ブログ記事の冒頭文の書き方をご紹介しました。

まとめると冒頭文で書く内容は以下の項目です。

  • 読者の抱えている問題や悩みを書く
  • この記事を読むことによって読者がどうなるのかを書く
  • この記事の信ぴょう性を書く

冒頭文の役割を有効的に利用することで、読者に読んでもらえるような記事になります。

皆さんも是非試してみてください。

人気記事 【稼げる案件あり】おすすめのASPを紹介

人気記事 【2020年最新】お洒落でSEO対策されたおすすめのWordPressブログデザインテーマ9選

この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
BLOG
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました