読者が納得できる分かりやすいWordPressブログ記事の書き方

BLOG

ユーザーがブログに求めるものは「情報」です。

ユーザーは「悩み」や「疑問」があってブログに立ち寄るのです。

その為、ユーザーに納得してもらえるような分かりやすい記事を書くことが大切ですね。

では、どのような記事が納得して理解してもらえる記事なのでしょうか。

それは、ユーザーが抱いた「なぜ?」という疑問をすべて解決出来るような記事です。

その為には、以下の注意点があります。

ユーザーが納得できる分かりやすい記事を書く為の注意点
  • ユーザーがわかないような言葉は使わない
  • ユーザーがどんな疑問を抱いているのか洗い出す
  • ユーザーが抱く疑問にに対しての「理由」と「根拠」を説明する
  • 主張に矛盾が無く、一貫性がある
  • ユーザーが抱くであろう反論に対する回答が書いてある
スポンサーリンク

書き方

では、具体的にどのように記事を書いていけばよいか解説していきます。

記事を書くためには以下のような順序で作業を進めていきます。

書き方
  1. 「なぜなぜ」をする
  2. マインドマップにまとめる
  3. 二人称を一人称に変えて文章を書く
  4. 文章の推敲(すいこう)をする

1.「なぜなぜ」をする

なぜなぜ」とは、自分の主張に対して「なぜ?」と自問自答し、物事を深掘りすることです。

これにより、自分がユーザーの視点に立ち、ユーザーの疑問を意識して記事を書くことが出来ます。

なぜ?だけでなく以下の5W3Hも有効的なので、利用し自分に投げかけてみましょう。

  • When・・・いつ?
  • Where・・・どこで?
  • Who・・・誰が?
  • Why・・・なぜ?
  • What・・・何を?
  • How・・・どのように?
  • How many・・・どのくらい?
  • How much・・・いくら?

2.マインドマップにまとめる

「なぜなぜ」した内容を文字に起こし、まとめていきます。

まとめていくにあたって便利なツールが「マインドマップ」です。

マインドマップを使用することで俯瞰的にものごとを捉えることが出来ます。

「マインドマップ」でオススメが「XMind(エックスマインド)」というソフトです。

無料で利用でき、操作も簡単なのでオススメです。

3.二人称を一人称に変えて文章を書く

Xmindでまとめたものを実際に文章にしてきます。

ここで注意が必要なのが、Xmindで書いた文をそのまま使用するのは控えた方がいいです。

「なぜなぜ」で書き出した会話のやり取りは、ムダな表現が多いため、とても読みづらい文となります。

その為、「なぜなぜ」で書き出した会話文を二人称から一人称に変えて文章を新しく書き直してください

文をわかりやすく書く為のテクニック
  • 「結論」→「理由」の順で文章を書く
  • 主語と述語は近くに置く
  • 修飾語は被修飾語の近くに置く

「結論」→「理由」の順で文章を書く

そして、文章を書く時にもう一つ気をつけたい点が「結論」から書くということです。

まず「結論」を書き、読み手が「なぜ?」と思うので、「理由」を書いていけばいいのです。

もし、「結論」を最後に書くとダラダラと長ったらしい文章となり、読み手が求めている情報が本当に記載されているのかわからなくなり離脱してしまいます。

主語と述語は近くに置く

主語と述語の間に言葉がたくさん入ると、読み手は何を言いたい文なのかよくわからなくなってしまいます。

修飾語は被修飾語の近くに置く

修飾語も主語・述語と同じように、近くに置くことでわかりやすい文となります。

短い修飾語を被修飾語の近くに置く

4.文章の推敲(すいこう)をする

推敲(すいこう)とは、書いた文を読み返して問題ないかを確認する作業のことを言います。

必ず何度も読み返しましょう。

以下のことを実施してみましょう。

文章の推敲(すいこう)のやり方
  • PC、スマートフォン、タブレット、紙面でそれぞれどのように写っているか確認しましょう。
  • 多くの人に確認してもらい、客観的な意見を取り入れましょう。
  • 声に出して読み上げ、適切な言葉を使用しているか、リズムはどうかを確認しましょう。
この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
BLOG
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました