ウェブデザイン技能検定試験3級に最短で合格できる効率的な勉強方法【未経験Webデザイナー:実技試験解き方解説】

BLOG
りょし
りょし
  • ウェブデザイン技能検定試験って何?
  • 合格するためにどれくらいの時間勉強すればいいの?
  • 合格するために必要な教材・ツールは?
  • 合格するための効率的な勉強方法は?

未経験でWebデザイナーを目指している方。

実績が無い状況での未経験転職はなかなか厳しいと思います。

僕自身、未経験で実績も資格も無い状況で転職を試みましたが現実はとても厳しかったです。

もちろん転職は実績や資格が全てではなく、その人の人柄や転職時期の経済状況なども大きく影響するため、一概に厳しい現実とは言い切れませんが、確率論で言うと難しいと思います。

そこで今回は未経験でWebデザイナーを目指している方にオススメする「ウェブデザイン技能検定試験」についてご紹介します。

オススメする理由として、ウェブデザイン技能検定はWeb関連で唯一国家資格であるためです。

僕もこの記事でご紹介する勉強法で独学一発合格することが出来ました。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク

ウェブデザイン技能検定試験とは

ウェブデザイン技能検定試験は、Webサイト制作に必要な知識やスキルを問う試験であり、WEB業界唯一の国家資格です。

ウェブデザイン技能検定試験に合格すると「ウェブデザイン技能士」と履歴書に記載することが可能となります。

試験階級と受験資格

試験は1級・2級・3級があります。

受験資格としては、1級受験者は2級合格者・2級受験者は3級合格者である必要があります。

3級は基本的に誰でも受験可能なので、まずは3級から受験しましょう。

詳しくは以下の内容となっています。

いずれかひとつに該当していれば受検できます。

■1級(実技試験)

  • 1級の技能検定において、学科試験に合格した者

■1級(学科試験)

  • 7年以上の実務経験を有する者
  • 職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業または普通職業訓練修了後、5年以上の実務経験を有する者
  • 大学卒業後、3年以上の実務経験を有する者
  • 高度職業訓練修了後、1年以上の実務経験を有する者
  • 2級の技能検定に合格した者であって、その後2年以上の実務経験を有する者

■2級

  • 2年以上の実務経験を有する者
  • 大学を卒業した者
  • 高度職業訓練を修了した者
  • 3級の技能検定に合格した者

■3級

  • ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者、および従事しようとしている者

試験時間

  • 1級・・・学科:90分 / 実技:180分 / ペーパー実技:60分
  • 2級・・・学科:60分 / 実技:120分
  • 3級・・・学科:45分 / 実技:60分

3級試験範囲

ウェブデザイン技能検定試験3級の試験は、「学科試験(10科目)」と「実技試験(1科目)」に分かれます。

■出題範囲
【学科試験(各等級共通)】:マークシート式の筆記試験
(1)インターネット概論
1-1.インターネット
1-2.ネットワーク技術
1-3.インターネットにおける標準規格・関連規格と動向
1-4.ウェブブラウジング
1-5.ワールドワイドウェブ(WWW)セキュリティ技術
1-6.インターネット最新動向と事例)

(2)ワールドワイドウェブ(WWW)法務
2-1.知的財産権とインターネット

(3)ウェブデザイン技術
3-1. ハイパテキストマーク付け言語および拡張可能なハイパテキストマーク付け言語(HTML・XHTML)とそのコーディング技術
3-2.スタイルシート(CSS)とそのコーディング技術
3-3.スクリプト

(4)ウェブ基準

(5)ウェブビジュアルデザイン
5-1.ページデザインおよびレイアウト
5-2.マルチメディアと動的表現

(6)ウェブインフォメーションデザイン
6-1.インフォメーションデザイン
6-2.インタフェースデザイン
6-3.ユーザビリティ

(7)アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン

(8)ウェブサイト設計・構築技術

(9)ウェブサイト運用・管理技術

(10)安全衛生・作業環境構築

【実技試験】:問題文にそって実際にウェブデザインを行う形式
●ウェブサイト構築
・ウェブサイトデザイン
・ウェブサイト運用管理

3級 合格率

3級の合格率は受験する年によって差はありますが、だいたい60%〜70%程度です。

参照元:日本資格取得支援

合格基準

各級全て以下の点数が必要となります。

  • 学科:70点以上/100点
  • 実技:70点以上/100点(ただし、試験要項に示す各作業分類において配点の60%以上の得点が必要)

受験手数料

受験手数料は以下の内容となっています。

  • 1級・・・学科: 7,000円 / 実技: 25,000円 (実技はペーパー実技含む)
  • 2級・・・学科: 6,000円 / 実技: 12,500円(35歳以上)または7,000円(35歳未満)
  • 3級・・・ 学科: 5,000円 / 実技: 5,000円 (35歳以上)または3,000円(35歳未満)

資格取得のメリット

ウェブデザイン技能士の資格取得のメリットとして、ウェブサイト制作に直結する唯一の国家資格であるため、未経験でウェブ業界に転職する方にとってウェブに関する基本的な一定のスキルが身についているという証になります。

これによりウェブ業界の未経験であっても企業側が評価してくれる材料となります。

資格取得することにより、自分自身としても個人の価値を高めることができ、自信にも繋がると思います。

→ ウェブデザイン技能検定試験を受験してみる

スポンサーリンク

合格に必要な勉強時間

まず最初にみなさんが気になるのは合格に必要な勉強時間だと思います。

ひとそれぞれ違いますが、僕は70時間程独学で勉強して3級に合格しました。

勉強すれば誰でも合格可能な国家資格なので受験することをオススメします。

スポンサーリンク

これをやれば合格できる効率的な勉強方法

僕が実際に合格した勉強方法を解説します。

学科試験と実技試験で勉強法が異なるのでそれぞれ解説します。

合格するために必要な教材

学科試験対策の勉強法

学科試験対策の勉強法
  • 手順 1
    公式テキストを一通り読んで全体を把握する

    まずは、公式テキストを一通り読んでみましょう。

    公式テキストは以下の教材です。

    → 公式テキストを見てみる

    読む際は、キーワードにマーカーで印をして、キーワードの意味をアンダーラインしましょう。

    この目的はあくまで全体の範囲や流れを把握します。

    この時点ではワードを覚える必要はありあません。

    印をする理由としては、次に読む際にラインした箇所だけを読めばいいので工数の削減に繋がります。

  • 手順 2
    公式サイト掲載の過去問を1回分解く

    続いて公式サイトに掲載されている過去問を一回分だけ解いてみましょう。

    公式サイト掲載の過去問は無料なので全てダウンロードして活用しましょう。

    → 公式サイト掲載の過去問を見てみる

    ここでの目的は、実際の試験がどのような感じなのかを把握するためです。

    この時点では、正答率が低くても気にしなくて問題ありません。

    まだテキストを一回読んだだけであって、ワードも覚えていないし試験に対する対策もしていないので正答率が低いのは当然です。

    逆にこの時点で正答率が高い方は、このまま試験に臨んでも問題ありませんね。

  • 手順 3
    公式テキストの重要ポイントのみをもう一度読む

    続いて、手順1でマーキングしたキーワードを覚えていきます。

    基本的にはキーワードの本質を理解すれば覚えていけるかと思います。

    もし覚えられない場合は、ExcelやGoogleスプレッドシートに一覧にすると理解が深まります。

    → Microsoft Excelを使ってみる

    → Google スプレッドシートを使ってみる

    もしくはボイスレコーダーに録音すると、記憶に残りやすいです。

    → ボイスレコーダーを使ってみる

  • 手順 4
    公式過去問問題集を2回通り解く

    理解が深まったところで公式過去問問題集を解いていきます。

    公式過去問問題集は以下の物になります。

    → 公式過去問問題集を使ってみる

    問題解く際は実際の試験を想定して、時間を測ることをオススメします。

    試験の解答時間は問題量に対して少ないので、よっぽどのことが無い限りタイムオーバーはないと思いますが、実際の試験に近い環境で問題を解くことをオススメします。

    2回目以降は間違った箇所を解いていけば効率よく勉強することが出来ます。

    また、過去問の中には公式テキストにワードのみ書いてあって詳細の説明が無い問題もあります。そういったワードに関しては、ネットで検索することで、より理解が深まります。

    ちなみに以下のような公式対策問題集もありますが、僕は使用せずに合格することが出来ました。

    不安な方はこちらも活用しても良いかと思います。

    → 公式対策問題集を使ってみる

  • 手順 5
    HTML/CSSの教本を読む

    続いて市販のHTML/CSSの教本を読みましょう。

    手順4でも記載したように、実際の問題では公式テキストに具体的な説明が載っていない問題があります。

    公式テキストの文だけではイメージ出来ない内容も、HTML/CSSの教本を読むことで本質的な理解に繋がります。

    基本的には自分の好みの教本でいいと思います。

    僕はいくつか本を読みましたが、下記教本を使用しました。

    内容はどの教本も大差ありませんが、説明に使用している素材が他の教本より比較的オシャレな素材を使用しているため、オシャレなサイトを作るイメージが出来、勉強意欲が湧きました。

    → オススメの教本を使ってみる

  • 手順 6
    教材の苦手ポイントをもう一度読む

    ここでもう一度公式テキストの重要ポイント・苦手ポイントを読み返します。

    ここまで来ると最初の一回目に読んだ時とは違う世界が見えていると思います。

  • 手順 7
    過去問の苦手ポイントを解く

    そして手順6の公式テキストと同様、公式問題集についても、再度苦手ポイントを解いていきます。

  • 手順 8
    公式サイト掲載の直近の過去問を2回通り解く

    最後に公式サイトに掲載されている直近の過去問を解きます。

    実際の試験を想定した試験直前の模擬試験にあたります。

    ここでも試験時間と正答率を意識して解くようにしましょう。

    今までと同様間違った箇所は何度も復習するようにしましょう。

    ちなみにYoutubeのYoshiko先生という方が動画で学科過去問の解説してくれているので、参考にしてみるといいかと思います。

    ウェブデザイン技能検定 学科 令話元年1回目(3級)

実技試験対策の勉強法

続いて実技試験の勉強方法を解説していきます。

実技試験については、毎年出題する問題がほとんど同じなので、過去問の作業(解き方)を丸暗記すれば合格します。

テキストエディタのインストール

学習を進める前にプログラミングを記入していくテキストエディタをインストールする必要があります。

試験は基本的にWindowsでの作業となります。

試験ではWindows対応の以下のテキストエディタを使用するため、学習の際もどちらか好きな方を使用することをオススメします。

上記ソフトはMacに対応していないため、Macをご使用の方は以下のテキストエディタを使用しましょう。

実技試験対策の勉強手順

実技試験対策の勉強法
  • 手順 1
    Youtubeで回答手順を確認する

    最初にYoutubeで実技試験の雰囲気や解き方を勉強します。

    学科とは異なり実際に作業して解いていくため、書面の文で学習するより実際の作業を目で確認し、自分の体で解いていくことで効率良く学習することが出来ます。

    オススメのYoutube動画は下記の動画です。

    学科でもご紹介したYoshiko先生という方が解説してくれています。

    音声が小さくなったり大きくなったりするので注意してください。

    ウェブデザイン技能検定実技 1課題目
  • 手順 2
    回答手順を取扱説明書のようにまとめる

    Youtubeで学習した作業内容を、1作業ごと具体的な作業手順を書き出していきます。

    僕が実際に作成した記載例を下記に添付しますので、よかったら参考にしてみてください。

    → 作業手順書を見てみる

  • 手順 3
    過去問を体が覚えるまで何度も解く

    あと何度も同じ作業を繰り返し体に覚えさせます。

    体に覚えこませる感じなので、スポーツの習得と同じです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はウェブデザイン技能検定試験の勉強方法について解説しました。

まとめると以下になります。

  • ウェブデザイン技能検定はWeb関係唯一の国家資格なのでオススメ
  • 勉強時間は独学70時間程度で合格可能
  • 学科はテキスト&過去問
  • 実技はYoutube&過去問

もちろんこのやり方が全てではなく、みなさんのやりやすい方法で進めていけば良いかと思います。

僕は実際にこのやり方で合格しましたので、参考にして頂けたらと思います。

みなさんも是非挑戦してみてください。

あとはやるかやらないかです。

その一つで未来の方向性は変わります。

人気記事 【無料あり】プログラミング学習方法とオススメの優良プログラミングスクール

人気記事 WordPressアフィリエイトブログの始め方【作り方の手順を解説】

この記事を書いた人
しょし

僕はどこにでもいるただの「しょし」です。
ブログを勉強しながら備忘録として執筆中。
大学でプログライングを勉強→就活で150社落ちる→入社したがパワハラで円形脱毛8個できる→6年間世界各国で仕事をする→帰国しパワハラにあう→休職→ブログ設立/ブログ、ガジェット、人生論など執筆。

しょしをフォローする
BLOGCODE
スポンサーリンク
しょしをフォローする
Shooo blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました